シミが出来る原因と予防策

シミが出来る原因とその予防策について説明していきたいと思います。

まず、シミとはメラニン色素が沈着して出来る事をいいます。

シミの種類には、以下の物が挙げられます。

1.そばかす

鼻を中心に出来る茶色の斑点で遺伝が原因が主ですが、紫外線が原因で悪化する事があります。

2.老人性色素斑

顔、手の甲、腕など日光が当たる場所に出来るシミでこれまで浴びた紫外線が原因して、時間の経過と共に現れてくるものとされています。

3.脂漏性角化症

皮膚の老化現象の一つで年寄りいぼとも言われ年を取ると出て来ます。

4.肝斑

ほほ骨や額、口の周辺などに左右対称に現れる30〜40歳代に出来やすいシミでホルモンバランスが影響していると考えられています。

5.遅発性両側性太田母斑

20代以降におでこや両頬、目の下などに出来るシミです。

・シミの原因とその予防策について

シミの原因には以下の事が考えられます。

1.日焼け

日焼けとは紫外線を浴びる事によって皮膚のメラニン色素が過剰に作られて肌の色が変化したりする状態です。

2.睡眠不足

睡眠不足によって成長ホルモンが減ると肌の代謝が悪くなり、色素が沈着してシミが出来やすくなります。

3.食生活の乱れ

食生活が乱れると肌に必要な栄養素が届かず、古い角質やメラニン色素をうまく排出することが出来なくなるのでシミが出来やすくなります。

4.乾燥肌によるシミ

肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、肌の細胞の生成が停滞するのでメラニン色素が肌に残りやすくなりシミが出来やすくなります。

5.ニキビによるシミ

ニキビによって肌の細胞が壊れてしまうと、メラニン色素が過剰になりそれがシミの原因となります。

7.ストレス

ストレスが溜まると自律神経が正常に働かなくなり、ストレスを撃退しようと活性酸素がたくさん発生してメラニンが過剰に生成されてそれがシミの原因となる場合があります。

・シミの予防策

上の原因からシミが出来る前にしておきたい予防策を紹介していきたいと思います。

1.日焼け予防をする

過度な日焼けを防ぐ為に日焼け止めクリームなどを活用しましょう。

日焼け止めにはSPF・PAの指数が適度な物を選び、2〜3時間おきに塗り直すようにしましょう。

2.しっかり睡眠を取る

しっかりとした質の高い睡眠を取る事によってメラトニンが多く分泌されます。

メラトニンとはシミの原因となるメラニンを代謝する働きもありたくさん分泌されるほど

透明感のある肌を保つ事ができます。

3.食生活を見直す

シミにいいとされているビタミンC、ビタミンB2、アスタキサンチン、リコピン、Lシステリン、エラグ酸などを多く含んだ食べ物を摂るようしましょう。

4.化粧水や保湿クリームで肌の水分を補給する

肌の乾燥を防ぐ為に、お風呂上がりなどに化粧水や保湿クリームで肌の水分を補給して過度な乾燥を防ぐようにしましょう。

以上、シミの原因と予防策について説明してきましたが、これらを参考にシミの無い若々しい健康的な肌をいつまでも維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です