ニキビを改善するにはスキンケア方法の見直しが必要

お顔にできてしまったニキビ、気になりますよね。

それにニキビってなかなか治らなかったりします。

ニキビに対して効果のある医薬品やまた薬用化粧品等を使用してもなかなか改善されないケースも多いです。

またニキビをそのまま放置してしまっていると、ニキビ跡となって残ってしまうという可能性もあります。

ですのでできるだけ早く改善するためのケアを行ったほうが良いでしょう。

ニキビ改善のケア方法として普段のスキンケアの方法を見直すという方法が挙げられます。

毎日何気なく行っているスキンケアの方法が間違っているとにきびを悪化させてしまったりほかの肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

では正しいスキンケア方法とはどういったものなのでしょうか。

まず重要なポイントとして洗顔が挙げられます。

洗顔を正しい方法で行うことは非常に重要で大切なことです。

洗顔をする際にはしっかりと泡立てた泡で洗うようにしてください。

クレンジングでメイク汚れなどを落としてから洗顔を行います。

洗顔をする際に泡立てずにごしごしとお肌をこすってしまうと、それが大きな刺激となって負担を与えてしまうのです。

ですから絶対にこすってはいけません。

洗顔ネット等を使用してしっかりと泡立ててキメ細かい泡を作ります。

そしてその泡で丁寧に優しくお肌を包み込むようにして洗いましょう。

それから洗い流すときには必ずぬるま湯を使用するようにしましょう。

お肌に対しての刺激が少なくて済みます。

また洗顔を終えた後は必ずしっかりと保湿を行う必要があります。

ニキビができてしまうのはお肌の乾燥が原因となってしまっているケースが考えられます。

ですのでお肌が乾燥してしまう前に保湿を行うことが大切です。

洗顔をする際に使用する洗顔フォームはニキビに対して効果があるとうたっているニキビケアの有効成分が含まれたものを使用するとよりニキビ改善にはよいかと思います。

化粧水や乳液等のスキンケア化粧品についても、保湿力が高いものを選ぶのはもちろんニキビに対して効果のあるものを使用するようにしてください。

スキンケアは毎日行うものですから、間違った方法で行っていたことが積もりに積もってお肌に大きなダメージを与えてしまっている可能性がありますから、見直してみましょう。

化粧水等を使用するときもごしごしこすってはいけません。

コットンに含ませて、絶対にこすらずにお肌に対して抑えるようにしてつけてあげることが大切です。

シミやしわには病気の可能性もあります

シミやしわができることは、肌のエイジングサインだと考える人は多いでしょう。

そのため、美容皮膚科に通ったり、あるいはエイジングケアコスメを使ったりするようになる人もいます。

しかしシミやしわには、実は病気の自覚症状ということもあるのです。

まずシミからです。シミができるということは、老人性色素班や雀卵斑(そばかす)ということも考えられます。

また炎症後色素沈着といって、虫刺されの後などに、その部分が黒っぽくなることも考えられます。

それから太田母斑と呼ばれる、青っぽいアザが出て、それをシミと思い込んでしまうこともあります。

それから肝斑があります。肝斑はホルモンバランスの乱れやストレスが原因で。30代から50代までの女性に多いシミです。

顔の真ん中に、くすみのような感じで現れるのが特徴です。これらのシミを見つけた場合、とても気になるという場合は、皮膚科のクリニックを受診するようにしましょう。

それから一見関係なさそうなのですが、内臓の機能が低下していて、シミが出ることもあります。

特に肝機能や腎機能などが低下すると、新陳代謝や血流の乱れなどから、シミが出やすくなります。

特に腎機能低下によるシミは、頬の外側の部分にできやすくなります。

それからしわに関する病気です。これにはまず眼瞼下垂症があります。

まぶたを開閉するための腱が切れてしまい、その結果額、あるいは眉間の筋肉でまぶたの開け閉めをするため、額や眉間にしわができやすくなります。

他にも頭痛や肩こりを伴うことがあります。この病気は手術で治療可能です。

それから眼瞼痙攣があります。

こちらは眼瞼下垂症とは対照的に、まぶたが痙攣し、まばたきが増えてしまう病気です。

ストレスや脳の障害が原因とされています。

薬物療法や手術などの治療方法がありますが、原因となっている病気がある時は、そちらをまず治療するようにします。

女性の場合は、もちろん更年期障害も、しわが多くなる原因となります。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、また肌の張りを保つコラーゲンも減少して来ます。

さらに自律神経失調が起こることが多く、これらの原因からしわが増えるようになります。

それから、加齢によるしわやたるみには、糖とたんぱく質が結合することによって起こる、糖化も原因であるといわれています。

血糖値が上がり、体内に糖が余った状態になると、たんぱく質と結合して弾力が低下するもととなります。さらに肌の黄ぐすみも起きやすくなります。

また生活習慣病の原因にもなります。炭水化物を多く摂る人は、この傾向があると考えられています。

ガンコなシミとしわ

若い頃、中学、高校と、外での部活動で毎日のように日焼けしていましたので、20代後半からシミが出始めました。

20代に入ってからも、海での日焼けを好んでしていたので、(日焼けサロンも流行っていた時代でした)

40代になった今、それなりに日焼けを重ねてきたとわかるお肌になりました。

後でシミになるよという忠告にも聞く耳持たずでしたので、自業自得ですね(^_^;)

特にシミが目立つのは、目の下辺りの、頬の高い位置です。

小さな点がパラパラとあるタイプのシミです。
鏡を見るとすぐにシミが目につくので、やはり悩みますね。

それから、30代に入ってからは、目の横(目と耳の間)に、薄い茶色の、直径1〜2センチほどのシミが出始めました。

これは、明らかに加齢によるシミだとわかる、ご高齢の人によく見られるシミです。

両方のタイプのシミに対して、毎日の対策として、基礎化粧品に加え、美白化粧品も使ってきました。

が、消えてくれることはないので、毎日、出かける時にファンデーションや、コンシーラーでシミを目立たなくするようにしています。

これまでに、フォトフェイシャルという、肌に光を当ててシミを薄くするというエステを、2度ほど受けた事があります。

説明では、肌の奥のメラニンが、光を当てる事によって肌の表面に浮いてきて、カサブタのようにはがれ落ちるとの事だったので、夢のような話でした。

でも私の場合は、少し薄くなったような感じもしましたが、あまり効果はなかったです。
蓄積された紫外線の量が、多すぎたのかもしれません。

フォトフェイシャルは、一度の施術に2万円ほどかかりましたので、経済的にも何度もは続けられなかったですが、もう少し続ければ、薄くなるのかも知れませんが…。

またいつか、チャンスがあれば試してみたいです。

それから、シワについてですが、シワもまた、やっかいです。
私の場合は、目の下のシワが1〜2本、くっきりついてしまって、とても気になります。
この数年は、毎日、スマートフォンを見る時間が長く、また仕事でもパソコンを使うので、目を酷使してしまっているのが、目の下のシワをひどくしているのだと思います。
シワについては、とにかく保湿!と言う事で、乳液を塗ったり、最近では、ハンドクリーム(ベタつくタイプの保湿性の高いもの)を目の下に塗ったりしています。

このハンドクリームは、指先のシワが薄くなるので、目の下のシワにも効くのでは?と、自分で思いついたのです。

エステには、独身の頃には行ったりしていましたが、結婚して子供が生まれてからは、時間もなくあまり行けなくなりました。

時間にゆとりが持てるようになったら、自分と今まで頑張ってきたお肌の為に、ご褒美にエステに行きたいですね(笑)